ABOUT

玉谷共栄堂とは~会社の歴史~

玉谷共栄堂とは~会社の歴史~

会社概要

和洋菓子パッケージを安定して届け続けて120年

玉谷共栄堂の歴史をご紹介

玉谷共栄堂は、四国徳島出身の初代・玉谷虎三郎が上京、明治35年5月1日に台東区の浅草蔵前で「玉谷虎三郎商店」として創業いたしました。
やがて印刷機を使い、手摺りだった掛紙を木版印刷にして大量に手がけ始めました。

戦後、少し遅れて株式会社として台東区寿にて再スタートしたのが昭和33年8月1日。
そして、掛紙とサービス箱などの和・洋菓子用パッケージ専門の既製品メーカーとして次第に特化していき、
現在に至ります。地域に根差し、和菓子の包装・パッケージに携わってきた歴史の一部をご紹介いたします。

創業者 玉谷 虎三郎

創業者玉谷 虎三郎

明治5年~昭和13年
(1872~1938)

二代目社長玉谷 一郎

明治43年~昭和54年
(1910~1979)

三代目社長・現会長
玉谷 博史

昭和7年~ (1932~ )

代表取締役
玉谷 和博

玉谷共栄堂のホームページにお越しいただきありがとうございます。

おかげさまをもちまして弊社も創業120年になります。

これもひとえに皆様のごひいきの賜物と、心より厚くお礼申し上げます。

私どもは、移りゆく時代の流れの中で、常にその折々のニーズに応える良い製品を
作っていきたいと存じます。

お客様のご要望に、スタッフ一同全力で対応させていただきますので
どうぞお気軽にご相談ください。

HISTORY 古いアルバムから

創業時の本社

創業時の本社

昭和3年頃、蔵前本社。
江戸通りに路面電車の軌道が走る。

昔の営業車

昔の営業車

営業に使われていたオート三輪。
当時は高価で珍しかったらしい。

古い納品伝票など

古い納品伝票など

「東京市浅草区蔵前南元町~ペーパー掛紙問屋共栄堂 玉谷虎三郎商店」と読める

昔の集金袋

昔の集金袋

当時、お得意様に配ったものと思われる集金袋。現在でいうノベルティーグッズかも。右図は裏側。東京市浅草区蔵前二丁目八、とある。

これからもご要望に応えつづけてまいります

玉谷共栄堂では、現在に至るまでずっと、お客様のご要望に応じ、
製品をご提供してまいりました。

現在では、本社と配送センターそれぞれに豊富な在庫を常時用意し、
皆様からのご注文にスピードをもってお応えしております。

時代は変わっても、多くの企業様の菓子パッケージに関するご要望にお応えする、
という想いは変わらず取り組んでいければと考えております。

これからもご要望に応えつづけてまいります