和洋菓子パッケージを届け続けて120年

SERVICE サービス

和洋菓子パッケージを届け続けて120年

玉谷共栄堂では、サービス箱・進物箱・掛紙・のし紙・菓子個包装袋などの、和菓子・ケーキ用パッケージを広く取り扱っております。
品質にこだわり、豊富な在庫を切らすことなく常に揃えております。

お客さまのご要望にお応えして、当日発送・翌日納品*、小ロットから対応ており、皆さまが必要な時に、必要な分だけ、すぐお届けできます。
*ただし、北海道や九州、離島などの遠方は除く

和洋菓子パッケージを届け続けて120年

以来、おかげさまで120年。
たくさんのお客さまに支えられて今日があります。
現在では、サービス箱・進物箱・掛紙・のし紙・菓子個包装袋などの、
和菓子・ケーキ用パッケージを広く扱う専門メーカーとして営業いたしております。
弊社では、創業以来一貫して品質管理・在庫管理には、
とりわけ注意を払ってまいりました。
これからも変わらず「安心の品質」「豊富な在庫」を第一に考えた、
安定した製品をご提供してまいります。
また、時代のニーズに応える良い製品を作り続けたいと思っておりますので、
今後とも、なにとぞよろしくお願いいたします。

変わらないもの。変えていくもの。

創業は、明治三十五年五月一日。
徳島から上京した、初代・玉谷虎三郎は、
東京市淺草區蔵前南元町十三番地に店を構えて、
和菓子の折箱に掛ける木版手摺り印刷掛紙の製造販売を始めました。
「共榮堂 玉谷寅三郎商店」が弊社の前身になります。
大正に入ると、大蔵省の造幣局で使われていた印刷機を払い受けて、
手摺りからいち早く印刷機による木版印刷に変えて、大量に手懸けていきます。
東京都台東区寿の地に本社を移したのが、昭和三十三年八月一日。
株式会社玉谷共栄堂と社名を変更、
再出発して、徐々に全国へと販路を拡大しました。

※1928年(昭和3年)ころの蔵前本社。
江戸通りに路面電車の軌道が走る。